老眼回復サプリ

老眼回復に効果的なサプリ

老眼の症状

 

老眼は、ある日突然、文字が見えにくくなるのではなく、だんだん見えにくくなっていきます。ですから、最初は目が疲れているのからだ、という感覚ですが、文字が見えにくい、という状態が毎日続くようなら、老眼を疑った方がよいかも知れません。

 

老眼の症状に似たものは、近視のような「近いものが見えない」ということでしょう。老眼は、近いものでも細かい文字が見えにくい、という特徴がありますが、近視の場合は細かい文字だけでなく、ほかの対象物もぼやけて見える、という特徴があります。また、近視ではなく、疲れ目のときも、近くの細かい文字が読みにくい、という場合があります。このときは、目を休ませてしばらくすると、近くの細かい文字が見えるようになるので老眼とは異なります。

 

老眼の場合は、水晶体の動きが鈍くなり、ある程度進むと水晶体がほぼ固定されてしまうので、近くの細かい文字などは老眼鏡を使わないと見えなくなります。これが、目の疲れとの違いです。

 

目の疲れによって、文字が見えにくくなっているときは、目の周りや奥の視神経が肩こりのようにこっている状態ですから、血流をよくするとよいでしょう。目の周りをマッサージすると、こりが解消されて血流がよくなります。また、冷やしたタオルや暖めたタオルなどを目にのせて、しばらく目をつむっていると症状が楽になります。最近は、目を休めるためのアイテムがドラックストアなどで売っているので、利用して見るとよいでしょう。

 

物の見え方が急に変わったときは、目が傷ついている可能性があるので、眼科を受診して治療してもらった方がよいでしょう。

 

老眼は解消する?

 

老眼の症状が現れ始めたら、完全に解消するのは難しいでしょう。その理由には、水晶体の弾力が低下していることと、水晶体を支えている毛洋体筋の筋力が低下していることがあげられます。これらは、加齢とともに現れるものなので、年齢を重ねれば避けられないことでもあるのです。

 

しかし、老眼の症状が現れ始めるのは、一般的に40代といわれていますが、遅い人では50代後半や60才になってから、という場合もあります。50代や60代ぐらいまで老眼の症状が現れないのは、健康的な生活を送り、目の疲れなどをあまり感じない生活をしていることが考えられます。

 

できるだけ、老眼になるのを遅らせるには、老眼になる前から目の運動やピント調節機能を衰えさせない運動などをしておくとよいでしょう。また、老眼の症状が現れたあとでも、目の運動を毎日行えば、進行を遅らせることもでき、老眼鏡がいらなくなるかも知れません。

 

また、目によい成分を食事やサプリメントで補うのもよいでしょう。食事では、目の乾燥を防ぐムチンや疲労回復になるアントシアニン、ルテインなどが含まれた食品を摂取すると、角膜の保護にもつながり、眼精疲労を予防することができるようです。また、まったく関係がないようですが、活性酸素が体の老化につながり、体に老化現象が現れれば、老眼にもつながります。反対に、体を健康に保つことが、目の健康を保つことに役立ちます。

 

老眼の症状が見られるようになったら、無理をせず眼科を受診して目の状態を検査してもらい、老眼鏡などを用意するのも進行を遅らせるために役立ちます。

 

疲れ目と飛蚊症

 

疲れ目を自覚したとたんに気づいた飛蚊症、疲れているときが一番自覚しやすいように思います。一日中PCと向き合わないとしても本を読むなど目を酷使してしまうもの…病的でなければ飛蚊症は長い付き合いになりそうですし、疲れ目はうまく防いでいきたいですね。

 

飛蚊症は視界が明るい場所で気づきやすいです。現代では、PCやスマホの普及率が上がり目を酷使する時代になりました。疲れ目になると飛蚊症が気になりやすくなる傾向にあります。

 

加齢などによって起こる生理現象なため誰でもその可能性はもっており、視界が妨げられたり見える異物が増えた、大きくなったなどの症状がみられる場合は眼科を受診した方が良いです。

 

疲れ目と飛蚊症に直接的因果はないそう。が、目に負担がかかる、視力の悪い人などは眼細胞が古くなるのが若干早くその分の浮遊物が気になることはあるそうです。

 

どうしても飛蚊症が気がかりな人は定期健診がお勧め。飛蚊症は眼の老化のサインでもあるのでほかの眼病にも気をつける頃ですよ、と教えてくれていると思ってください。

 

こちらも気になる方は?>>>目の下のクマサプリ

 

飛蚊症 鍼灸と漢方

 

飛蚊症によって見える浮遊物、目の疲労などでそれが増えたり大きくなったりすることがあります。そんな時疲れ目用の目薬が有効。しかし症状が重度であると生理的飛蚊症に治療は不要といっても飛蚊症 治し方 サプリで「見える」とは結構気になるものですよね。

 

◇鍼灸と漢方薬の効果
効能には個人差があることを前提として話しますが、鍼灸や漢方薬の力で飛蚊症改善に成功した方はいます。が、もちろんすべての人が、ではない。

 

なぜ改善が見られたかといえば、血液循環がよくなり目の疲労が解消されたから。飛蚊症が眼精疲労が酷いほど悪化する傾向が強く鍼灸や漢方でそれが解消されたため結果として飛蚊症改善に繋がったというわけです。

 

◇即効性はない
鍼灸や漢方治療は性質的に即効性があるわけではありません。つまりどちらを摂るにしても継続する意思が必要です。それに治療を中止したらまた元に戻る可能性もあります。しかし失明や全く改善されない可能性の高い外科手術などと比較すれば安全性は高いです。飛蚊症に悩んでいる方はこちらを試してみるのがいいかもしれません。

更新履歴